Special Back Number

Next Luxury

モノのよさを語るうえで対になることも多い靴とカバン。 しかし近年は男性ファッションにおいての立ち位置も変わりつつある。 戸賀敬城氏が考える昨今の両者の関係性を伺った。
Check

FOWLER

オンタイムの相棒であり一番登場頻度の高いビジネスバッグ。 仕事用と割り切るのではなく、ここにこだわることも ラグジュアリーなライフスタイルを送るうえで欠かせない。
Check

FOWLER

どんどん暑くなる夏、ショーツは欠かせないアイテムだ。 しかしあまりにもカジュアル過ぎるのは…というのは永遠のお悩み。 上質な鞄でコーデを格上げし、夏コーデを大人らしく。
Check

Next Luxury

時計は男の憧れとして常に追い求めるもの。 そして鞄の立ち位置も変わり、同じような考え方を取り入れる時代に。 鞄と時計の関係性を戸賀敬城氏に伺いました。
Check

ANTONIO CRISTIANO

昨今の流行カラーであるカーキはバッグでも多数リリースされている。 そのなかにあってキルティングレザーであれば周囲と ひと味違ったカーキの楽しみ方ができること請け合いだ。
Check

ANTONIO CRISTIANO

ラウンド中に使うポーチには利便性はもちろんだが、 好印象を与えることのできるアイテムを選ぶべきだ。 キルティングレザーの逸品なら周囲と差もつけられる。
Check

nauta

意外と悩ましい出張にもっていく鞄に新たな選択肢。 nautaのレザートートは申し分のないドレス感に加えて、 暖かい季節に嬉しい利便性も備えている。
Check

ANTONIO CRISTIANO

近場の旅であればできるだけコンパクトかつお洒落にしたいもの。 ANTONIO CRISTIANOのトートとクラッチを活用すれば、 旅先でもラグジュアリーなモードスタイルが完成する。
Check

FOWLER

歴史を紐解いてみてもボストンバッグとラグジュアリーは 密接な関係性が垣間見えます。 FOWLERの最高峰の一品なら周囲と差をつけられる。
Check

FOWLER

日本のモノ作りが世界でも指折りなことは言うまでもないが、 その魅力というのはアイテムによってもさまざま。 FOWLERのメイドインジャパンのアイテムにも美しさが満載だ。
Check

ANTONIO CRISTIANO

街で使うバッグはもちろんだが、旅のバッグがラグジュアリーであることも大切。 一泊二日程度であれば旅支度も収納できるサイズ感をもちあわせ、 素材感も申し分ないのがANTONIO CRISTIANOのトートだ。
Check

Next Luxury

メディアでの編集長経験はもちろん、日々の生活のなかでも ラグジュアリーな世界に多く触れ、体現しているアンバサダー戸賀敬城氏。 現代のラグジュアリーと自身のラグジュアリー遍歴を伺いました。
Check

ANTONIO CRISTIANO

シックな色使いが多い冬と変わって、一点鮮やかさを加えたくなる春の着こなし。 さまざまな方法が存在する挿し色の取り入れ方ですが、 この春はクラッチバッグを活用してみるのはいかがでしょう。
Check

nauta

日常使いできるアイテムの筆頭でもあるキャンバストート。 レザーとコンビのものであれば合わせられるコーデの幅も広がり、 活躍の機会が増えること請け合いだ。
Check

FOWLER

男のワードローブの必需品ともいえるレザーのシンプルトート。 黒系、茶系はもちろんだが、ネイビーも定番として根付いている今、 FOWLER(ファウラー)のトートも選択肢にぜひ加えてもらいたい。
Check