Special Back Number

nauta

意外と悩ましい出張にもっていく鞄に新たな選択肢。 nautaのレザートートは申し分のないドレス感に加えて、 暖かい季節に嬉しい利便性も備えている。
Check

ANTONIO CRISTIANO

近場の旅であればできるだけコンパクトかつお洒落にしたいもの。 ANTONIO CRISTIANOのトートとクラッチを活用すれば、 旅先でもラグジュアリーなモードスタイルが完成する。
Check

FOWLER

歴史を紐解いてみてもボストンバッグとラグジュアリーは 密接な関係性が垣間見えます。 FOWLERの最高峰の一品なら周囲と差をつけられる。
Check

FOWLER

日本のモノ作りが世界でも指折りなことは言うまでもないが、 その魅力というのはアイテムによってもさまざま。 FOWLERのメイドインジャパンのアイテムにも美しさが満載だ。
Check

ANTONIO CRISTIANO

街で使うバッグはもちろんだが、旅のバッグがラグジュアリーであることも大切。 一泊二日程度であれば旅支度も収納できるサイズ感をもちあわせ、 素材感も申し分ないのがANTONIO CRISTIANOのトートだ。
Check

Next Luxury

メディアでの編集長経験はもちろん、日々の生活のなかでも ラグジュアリーな世界に多く触れ、体現しているアンバサダー戸賀敬城氏。 現代のラグジュアリーと自身のラグジュアリー遍歴を伺いました。
Check

ANTONIO CRISTIANO

シックな色使いが多い冬と変わって、一点鮮やかさを加えたくなる春の着こなし。 さまざまな方法が存在する挿し色の取り入れ方ですが、 この春はクラッチバッグを活用してみるのはいかがでしょう。
Check

nauta

日常使いできるアイテムの筆頭でもあるキャンバストート。 レザーとコンビのものであれば合わせられるコーデの幅も広がり、 活躍の機会が増えること請け合いだ。
Check

FOWLER

男のワードローブの必需品ともいえるレザーのシンプルトート。 黒系、茶系はもちろんだが、ネイビーも定番として根付いている今、 FOWLER(ファウラー)のトートも選択肢にぜひ加えてもらいたい。
Check

nauta

カフェなどに出向く際はできる限りコンパクトに動きたいもの。 選択肢として財布機能が一体化したアイテムを選ぶこともおすすめだ。 キャッシュレス時代の昨今にもマッチしたバッグといえる。
Check

FOWLER

キャッシュレスが進んでいる昨今では、 財布のあり方も見直されてきている。 コンパクトでもラグジュアリーを求めたい。
Check

ANTONIO CRISTIANO

カモフラ柄は男にとっての定番アイテムといえるだろう。 なかでもレザーのものは、ほどよくカジュアルであり、上品さも備える。 休日やゴルフにと重宝することは請け合いだ。
Check

FOWLER

スーツに合わせるカバンは、見た目はもちろん実用性や耐久性も求められる。 また周囲の人に与える印象も左右する大切なアイテムだからこそ、 レザーならば余計に本格派な一品を選択するべきだ。
Check

nauta

ホワイトだとどうしても汚れが気になってしまう…という方も多いかと思いますが、 上質なレザーであれば、へたりにくいということも。 nauta(ナウタ)のホワイト×ゴールドのシリーズは白の高級感と実用性を兼ね備えている。
Check

ANTONIO CRISTIANO

ちょっとした外出をテーマに設計されているドライビングトート。 クルマでの移動やゴルフなどはもちろんのこと、 カフェや買い物といった際にも活躍してくれるアイテムだ。
Check