Special Back Number

〜nauta〜
軽快な印象も与える
レザー×キャンバストート

〜nauta〜
軽快な印象も与える
レザー×キャンバストート

日常使いできるアイテムの筆頭でもあるキャンバストート。
レザーとコンビのものであれば合わせられるコーデの幅も広がり、
活躍の機会が増えること請け合いだ。

重厚感のあるキャンバス生地とシボ革を組み合わせたトートバッグ。ドレスにもカジュアルにも使える表情に加えて、タッセルのアクセントも効いている。さまざまなシーンで活躍が必至といえるバッグだ。
「キャンバス地のトートは最高峰の使い勝手を誇る一方で、ラフすぎるという課題があることも多いが、nauta(ナウタ)のトートは、ボストンバッグのようなフォルムであり、生地の目が詰まっているためクタッとならない。置いた際に型崩れがしないことはラグジュアリーなバッグの条件でもあり、日常使いをした際の荷物の取り出しや収納面でのストレスも軽減してくれる。レザーとのコンビによる上品さと、特に負荷が掛かる箇所をレザーにしたことで長く愛用できるメリットもあると思います」。

大容量の収納力で
出張や旅行にも応用可能

マチ幅も調整可能でライナーも着いており、インナーの両サイドにポケットも備え最低限の小物は収納可能だ。底にハリをもたせる作りとなっているため、重みによって下に垂れるということも抑制。厚手の生地でダメージに強いことも特徴といえる。
「荷物を気兼ねなく入れていけるのがトートの強みだと思っています。その点での強度や収納力は申し分ありません。またこのサイズ感であれば出張にも対応できますね。またマチの調整がレザーのベルトであることも上品さが感じられるポイント。ディテールへのこだわりはラグジュアリーの条件ともいえるので、こういったところはぜひチェックしてもらいたいです」。

ジャケットに合わせても
映える品のある佇まい

「ビジネススタイルも多様化しているなかにあって、nauta(ナウタ)のレザーとキャンバスのコンビトートを選択肢に入れることはありだと思います。上品さと遊び心を加えてくれて、特にジャケパンスタイルに相性抜群。休日のカジュアルなジャケットスタイルに持つバッグとしても優秀です。そしてオンオフ問わずに活用できるコストパフォーマンスの高さも魅力のひとつ。レザーとキャンバスの組み合わせに加えて美しいフォルムは、持つ人と服を格上げしてくれるはずです」。
シボ革のヌケ感がキャンバスと絶妙にマッチ。素材や縫製にもこだわりをもって作られたトートバッグだ。

nauta トートバッグ
nauta-14632200

マグネットボタン式。内側にはフリーポケット×2、ファスナーポケット×1、Dカン×1を備える。マチ調節ベルト(開口部周り)付き。

サイズ:約W39(47)×H35×D22cm
重量:約1530g
持ち手長さ:約49cm

¥37,000(税抜き)

Buy