Special Back Number

〜FOWLER〜
ラグジュアリーにも映える
大人のリュック使い

〜FOWLER〜
ラグジュアリーにも映える
大人のリュック使い

年齢に関係なく必需品となったリュックをラグジュアリーに
活用するとなればモノ選びが需要になってくる。
FOWLERの逸品であればモードを意識した装いとも相性抜群だ。

東レの開発した超軽量・超耐久性中空糸ナイロン“ギガホールド”を採用し、日本製で生まれたFOWLER(ファウラー)が誇る大人のリュック。高級感を演出する役割を担うレザーには吹付け加工でブランドの象徴的なグラデーションを表現している。
「僕自身はここ最近まで敬遠していたリュックですが、昨今はオヤジでも違和感のないモノが増え、普段使いをするようにもなってきました。アウトドアやストリートのイメージが強く、子供っぽく見えることやラグジュアリーブランドの服に合わない?という印象がありましたが、ファウラーのリュックは荷物を入れても形がキープされることや持ったときのスマートさもあいまって、僕が持っていても違和感がないと思います」。

ラグジュアリーなインナーと
使い勝手を兼備

「ラグジュアリーを意識したバッグ選びで意識するべきポイントのひとつとして、インナーの作りがあげられます。これにはスエード調の生地を採用しており、あけた際にも上質さを見てとることができます。ジップが下部にまで伸びていて荷物を取り出す際に手を奥まで入れる必要がないこともポイントですね。ガサガサと持ち物を探すのはかっこ悪いですから。街使いでスマートなライフスタイルを送れるのもよい点。大人がもってハマるのはどのように使えるかも大切なことです」。
ジップ付きのポケットに加えて、フルオープン時に荷物が落ちにくい内装の仕様になっている。

作りのよさとデザイン性が
両立された活躍必至のリュック

圧倒的な軽さを誇ることも特徴で、これを実現しているのは4200D極太ナイロンを旧式のレピア織機を使いじっくりと作られた生地を採用しているから。また縫製の難しい極厚の生地は返し縫いができない箇所も存在する。そのような部分はランドセルを仕立てる熟練の職人が手掛けることで理想のアイテムが生まれた。
「大人は両肩に背負うというよりは、ワンショル的な持ち方をすることが多いと思います。そんなときに軽量であることは嬉しいポイント。主張が強すぎない見た目の随所にレザーを配置し、高級感を生まれさせたコンビ素材であることに加えて、素材にも語れる要素を備えているアイテムだけに幅広く使えるリュックを探している人にはぜひ手にとってもらいたいですね」。

FOWLER リュック
fwlb-203
MADE IN JAPAN

東レの開発した超軽量・超耐久性中空糸ナイロン「ギガホールド」とFOWLERのアイコニックな部分であるグラデーションを吹き付け加工で表現した国産牛革を組み合わせたMADE IN JAPANライン。4200D極太ナイロンを旧式のレピア織機を使いじっくりと作られた生地は独自の中空構造により圧倒的な軽さを実現。極厚の生地は縫製も非常に難しく、返し縫いが出来ない箇所は ランドセルを仕立てる熟練の職人がポストミシンで仕立てています。

素材:牛革
サイズ:約W29×H43×D15cm
重量:約990g
持ち手長さ:約15cm
ショルダー長さ:約70~92cm(取り外し不可)

¥51,150(税込み)

Buy