Special Back Number

〜ANTONIO CRISTIANO〜
大人の休日カジュアルの
質を高めるレザートート

〜ANTONIO CRISTIANO〜
大人の休日カジュアルの
質を高めるレザートート

スポーティさが求められる昨今だが、
それだけに終始して良いのか?
軽快さと上質さの理想的バランスがここに。

身につけているアイテムのジャンル自体は、いまや若者もオヤジも同じ。そんなカジュアル一強時代における、バッグ選びの理想とは。その答えを、イタリアはナポリ発のバッグブランド、アントニオ・クリスティアーノで見つけた。
「スニーカーにしろリブパンツにしろ、昨今大人の休日カジュアルはすっかりラフになりました。しかし、僕はひたすらに肩の力を抜けば良いわけではないと思っています。スポーティな中にも、大人然としたクラス感を。上質さが両立されていればこそ、スニーカーもサマになるというものです。その上質さを演出することを念頭に、アントニオ・クリスティアーノと僕とで作り出したのが、キルティングシリーズのトートバッグです」

巷のレザートートから
頭一つ抜けるための一手が

ほどよいヌケ感がポイントのキルティングデザイン。これが、大人の休日カジュアルにおいて、抜群のバランス感を生むのだとか。
「トートバッグというカジュアル度の高い形ながら、素材はしっとりとした質感が高級感を示してくれるレザー。このバランスの良さは、大人の休日カジュアルを確実に昇華してくれます。なにもレザー製のトートバッグは珍しいアイテムではありませんが、パディングしキルトステッチを走らせることで、カジュアルとラグジュアリーのちょうどいいバランスを狙っている辺りは、他にはないかと。文字を反転させたパッチなど、遊び心のさじ加減もうまくいったかなと。自画自賛が過ぎますが(笑)、サイズ感も見どころで、休日カジュアルにはもちろん、イマドキのビジネスにもフィットするようになっています」。

秋冬シーズンに向けて
レザーの有効性はさらに増す

素材からサイズ感まで、細部にまでこだわったトートバッグ。これから秋冬シーズンに向けて、さらに重宝すること請け合いだ。
「このキルティングシリーズは、これからの季節において、より存在感を強めると思います。軽さを求めつつも、やはり秋冬にナイロンは軽過ぎますから。キルティングシリーズのレザーにはカーフレザーを使用しているので持った感じは軽く、それでいて見た目には適度な重厚感があります。ブラックを選べばほどよくモードな雰囲気も加わるのでよりモダンに使えるはずです」。

トートバッグ
ac131252
MADE IN ITALY

厳選されたカーフレザーを採用することで、軽い持ち味ながら実にラグジュアリーな質感に仕上げたキルティングシリーズ。ドライビングトートやクラッチバッグなど多岐に展開する中、今回紹介するのがA4サイズ書類がすっぽり入る縦型トート。持ち手が長く、肩掛けも可能。

素材:牛革
サイズ:約W31×H34×D9.5cm
重量:620g
持ち手長さ:約63.5cm
¥33,000(税込)

Buy